ワセリンには魅力がいっぱい!【リーズナブルに乾燥肌対策をしよう】

黄色ワセリンの特徴

ウーマン

黄色ワセリンはコンビニなどで簡単に購入する事が出来ます。冬場など乾燥しやすい時期などは全身に使用出来るのでコストパフォーマンスはとても良いのですが、油焼けを起こしてしまう可能性もあります。

詳細へ

様々な使用法

手にクリームを塗る

ワセリンは皮脂の代わりに肌をしっかり守るバリアの役割を果たします。アトピーの症状を抑えたり赤ちゃんの肌を守ったりする場合には最適です。特に白色ワセリンは不純物が少ないので安心でしょう。

詳細へ

安全な保湿剤

クリーム

乾燥する季節になると保湿がとても大切になります。肌の水分を補うためにスキンケアを徹底している人も多く居ますが、手軽な保湿方法として最適なのがワセリンです。ワセリンは医療現場でもよく利用されるほど安全なもので、副作用はないと考えられます。ワセリンは油分で出来ているので潤滑剤としても活躍してくれるアイテムなのですが、その成分の中には石油が含まれています。石油というと人体には毒であるという考えを抱く人も多いでしょう。しかし薬事法が厳しくなった事、そして消費者が求める安全性に応えるべく品質の高い商品が次々に生まれた事によって、現在薬局などで手に入るワセリンはとても安全だと言えるのです。

ワセリン自体には副作用が無いにしても、肌に合わない場合も考えられるのでその際には使用を止めるようにしましょう。接触性皮膚炎になると湿疹が出来てしまう事もあります。安全性が高いとは言っても肌に直接塗るものなので、自分の肌質を確かめた上で使用を続ける事が大切です。塗りっぱなしにせず、入浴の際などにはしっかりと洗い流すようにしましょう。

乾燥肌のケアとしてハンドクリームや保湿用クリームなどを使用する人は少なくありません。しかしより安く、そしてより手軽に入手出来るワセリンを使用して保湿ケアをする事が注目されています。ワセリンは敏感な肌を持つ赤ちゃんであっても使用出来るため、乳児性湿疹の予防にも効果的です。ハンドクリームとして利用するのも悪く無いでしょう。適切な活用法を守る事で花粉症やニキビの改善にも効果があります。

ワセリンのデメリット

レディ

ワセリン自体には毒性が無く副作用などは存在しないのですが、使用方法を間違えると肌荒れの原因になる恐れがあります。安く手に入るアイテムだからこそ安全性に気を配る事が大切です。

詳細へ